大企業ほど陥る“過労死”!電通に続き関電…どうしてなくならぬ!その理由

 

電通の新入社員・高橋まつりさん(当時24)の過労死認定で波紋が広がっている。電通の関連会社が厚労省の立ち入り検査を受け、3年前にも同社の30歳社員が過労死していたことが明るみに出た。さらに関西電力の40代社員の自殺が過労死に認定されるなど、働き過ぎが世間の耳目を集めている。

 

サラリーマンの中には「経済界は教訓を生かしてオーバーワークを是正するだろう」と期待する声も上がっているがそんな生易しいものではない。資本の論理が立ちはだかる。

yjimage-30

■一度退職したらもう後がない!(再チャレンジはある意味幻想!☜再就職できない)

 

「企業は激務を減らすよう努力するでしょうが、長続きしませんよ」と苦笑するのは労働問題に詳しいジャーナリストの溝上憲文氏だ。

 

「大企業の経営トップにも“自分が若いころは眠らずに働いた☜電通「鬼10訓などの元で鼓舞された!”と自慢し、“社員は死ぬ気で頑張れ”と号令する人がいる。こうした経営者はギリギリの人数で最大の効果を出すことに躍起(経営効率性)になり、社員はそれに応え栄達に結びつけようと、自分を追い詰める。原因は終身雇用です。日本の大企業の社員は一度退職したら中小企業にしか再就職できないことを知っている。妻に文句を言われ、収入も減る。だから追い詰められても会社を辞めることができず、無理をしてしまうのです」

yjimage-10

 

■大企業や有名企業の社員ほど会社に固執し、自分を追い込んでしまうのだ。

 

「欧米人は個人主義ですが、日本人は組織への帰属意識が強い。会社に尽くそうと考えるのです。そこにあるのは“お家のため”という武士道や滅私奉公精神。同時に世間の目を気にしすぎる「空気感」です。社内で“あの人はサボっている”“仕事ができない”と後ろ指をさされたくないので、ボロボロになるまで心身を酷使する。こうした他人の目を怖がる“身内・対人恐怖症”は日本人特有のメンタリティとされています」(明大講師の関修氏=心理学)

 

関氏によると、人はイヤな仕事を押し付けられると精神的に参ってしまうが、好きな仕事なら耐えられるという。漆塗りなどの職人が寝食忘れて働いても死亡しないのは好きな仕事だから。「嫌だ」と思ったら、本来的には、退職を模索した方がいいということだ。

 

引用・参考元 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/192294/2