早くも春の光景 水仙、…思わず見惚れる「花絶景」で一足早い春に出会う旅(日本3大水仙自生地を巡る)

 

冬から春へと移り変わる季節は、さまざまな花が咲く時期でもあります。そこで、一足早く春を感じることができる、早春の花を愛でる旅を楽しむのはいかがでしょうか。

今回は、早春の観光におすすめしたい、春の訪れを知らせてくれる「水仙」の名所をご紹介します。水仙と海の絶景や、丘陵下に広がる、まるで黄色い絨毯の様な菜の花畑など、その土地ならではの風景も堪能できますよ。

さあ、春の息吹を感じる旅へ出かけましょう。

 

属名「ナルキッソス」は、水鏡に映った自分に恋をして水仙になった美少年ナルキッソスに由来する。美少年を想わせるその流麗な花は、「ナルシスト」の語源にも。

江月水仙ロード【千葉県鋸南町】

両側に水仙が咲き乱れ、早春を告げるハイキング道。

散策道はよく整備されているので初心者でも歩きやすい 〈例年の見頃〉12月中旬~1月下旬

花のイベント:水仙まつり

2016年12月17日(土)~2017年2月5日(日)

水仙の日本三大群生地のひとつ、鋸南町。年が明けると、江月地区の町道の両側約3kmに水仙が咲き乱れ、花の南房総の中で最も早い春がやってくる。片道30~40分程のなだらかなハイキングコースは、山頂まで至ると爽やかな気分に。

江月水仙(えづきすいせん)ロード

TEL/0470-55-1560(鋸南町地域振興課まちづくり推進室)

住所/千葉県鋸南町江月448

アクセス/電車:JR保田駅より水仙ロード入口へ徒歩10分 車:富津館山道路鋸南保田ICより県道保田鴨川線西へ1分

駐車場/150台

 

越前岬水仙ランド【福井県越前町】

日本海の大パノラマと、力強く咲く水仙に見惚れる。

近くには越前岬灯台もあり、眺めが抜群 〈例年の見頃〉12月中旬~1月下旬

花のイベント:第42回水仙まつり

2016年12月17日(土)~2017年1月23日(月)

越前海岸は、房総半島、淡路島と共に日本水仙三大群生地に数えられ、約60haの面積は日本最大級の規模。とくに越前の水仙は、対馬海流による温暖な気候と、日本海の寒い潮風を受け、花がひきしまり、香りが強いのが特徴と言われている。

越前岬(えちぜんみさき)水仙ランド

TEL/0778-37-2501

住所/福井県丹生郡越前町血ケ平27-1-2

定休日/木曜日(11月~3月までは無休)

料金/300円(清掃協力金)

アクセス/電車:JR福井駅より京福バス茱崎線居倉経由左右行き1時間10分、水仙ランド入口より徒歩15分 車:北陸道敦賀ICより越前海岸方面へ50分

駐車場/20台

 

 

灘黒岩水仙郷【兵庫県南あわじ市】

45度の急斜面に広がる、華麗で甘く優しい香り。

日本水仙三大自生地のひとつとして知られる 〈例年の見頃〉1月中旬~2月上旬

淡路島の南部に位置する、標高607mの諭鶴羽山から海に続く45度の急斜面一帯約7haに、500万本もの野生の水仙が自生。江戸時代、漁民が海に漂着した球根を植えたのが始まりと言われ、遊歩道に導かれて純白の花の間を歩くのが楽しい。

灘黒岩水仙郷(なだくろいわすいせんきょう)

TEL/0799-56-0720

住所/兵庫県南あわじ市灘黒岩2

営業時間/12月22日~2月下旬(予定)、9時~17時(最終入園時間16時30分)

定休日/なし

料金/大人500円、小・中学生300円

アクセス/電車:福良バスターミナルよりらん・らんバス黒岩方面行きで50分、黒岩水仙郷より徒歩すぐ(1月上旬~2月下旬は、福良バスターミナル前から有料シャトルバスあり) 車:神戸淡路鳴門道西淡三原ICおよび淡路島南ICより40分

駐車場/50台(臨時駐車場150台、水仙郷への無料シャトルバスが運行)

「灘黒岩水仙郷」の詳細はこちら国営ひたち海浜公園【茨城県ひたちなか市】

約100万本の花畑は、まさに息を呑む美しさ。

 

 

引用・参考元 Excite News <じゃらんnews >

http://www.excite.co.jp/News/travel/20170110/JalanNews_134765.html?_p=1

http://www.excite.co.jp/News/travel/20170110/JalanNews_134765.html?_p=2