いよいよ本日発売!Appleの『iPhone 7/7 Plus』(PRODUCTRED Special Editionに込められた意味

 

 

Appleは(RED)との10年以上におよぶパートナーシップを記念して、鮮やかなレッドのアルミニウム仕上げの『iPhone 7』『iPhone 7 Plus』の (PRODUCT)RED Special Editionを発表した。これにより、ユーザーはこれまでにない方法で「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に貢献し、エイズのない世代の実現に世界を一歩近づけることができるようになる。このスペシャルエディションの(PRODUCT)RED iPhoneは、3月25日午前0時01分(日本時間)よりオンライン予約の受付と店頭販売が開始される予定だ。

 

『iPhone 7』『iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition』は128GBと256GBのモデルが用意されており、価格は8万3800円(税別)からとなっている。

 

ちなみに(RED)とは、は、グローバル消費財メーカーが、(PRODUCT)RED という共通ブランドの商品を開発・販売することで挙げた収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付することにより、 アフリカのエイズ対策プログラムを支援する仕組み。U2のボノと、国際NGOであるDATAのボビー・シュライバーが発起人となり、 2006年1月26日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで発表された。

今回の発表について、AppleのCEO(最高経営責任者)であるティム・クック氏は次のように述べている。

「10年前に(RED)と一緒に仕事をするようになってから、オリジナルのiPod nano (PRODUCT)RED Special Editionをはじめとして、現在のBeats製品、そしてiPhone、iPad、Apple Watch向けアクセサリのラインアップにいたるまで、私たちのお客様はApple製品の購入を通じ、エイズの蔓延との戦いにおいて多大な影響を及ぼしてきました。今回発表した豪華なレッドの仕上げのスペシャルエディションは、Appleと(RED)とのパートナーシップを記念する、これまでで最大の(PRODUCT)RED製品です。お客様の手にお届けするのが待ち切れません」

(RED)のCEO、デボラ・デュガン氏もこう話す。

「Appleはグローバルファンドへの世界最大の法人寄付者として、これまでに(RED)とのパートナーシップの一環として1億3000万ドル以上を寄附してくださいました。世界で最も愛されているスマートフォンのグローバルなひろがりと、サハラ以南における命を救うためのARV(抗レトロウィルス)療法への治療を提供する私たちの取り組みが結びついたことにより、お客様は、この新しく美しい(PRODUCT)RED iPhoneの購入を通じて、現状を改善しグローバルファンドに貢献することができるようになったのです」

 

(RED)の極めて重要な取り組みによって、世界のHIV陽性患者の3分の2以上が暮らすサハラ以南において命を救うHIV/AIDSプログラムが提供されている。(RED)の収益の100%がグローバルファンドのHIV/AIDS補助金として寄附され、エイズウイルスの母親から子どもへの感染を撲滅することを目的とした検査、カウンセリング、治療、予防プログラムに使われる。2006年の設立以来、(RED)はグローバルファンドのために4億6500万ドル以上を集めたが、そのうちの1億3000万ドル以上がAppleによるものだ。

 

 

引用・参考元 ヤフーニュース <DIME編集部>

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010002-dime-sci