須坂名物!ホームラン亭のラーメン!年少のころから親しんだ味!とんこつラーメンに見紛うばかりの「醤油ラーメン」!

 

 

小生の「須坂市の旧市内でラーメン」と言えば、ホームラン亭か、浙江亭である。昔は両店とも、方向は違うが、我が家の極近くにあり、折に触れて、良く食べに行った。今回はそのホームラン亭について書いてみようと思う。

 

昭和44・5年頃、駅前にショッピングセンター(パルム)が出来たときに、ホームラン亭はパルムに移転した。小生は、丁度その頃、故郷を後にしてしまったので、このパルム店は余り馴染みがない。50余年振りに帰って来て、ここに移転したことを知った。(☟パルム店移転前の店舗・昭和44年頃移転)

さて創業以来の店舗は、先ほど記した様に、小生の家に傍にあったのであるが、通称青木新道と言われる、細い通りに、営業はしていないが、今なおその姿を残している。店舗は狭かったが、客の入りが頗る良く、また、おやっさんが、バイクで、何回も配達で、行ったり来たりしていた。

 

ホームラン亭は、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン(タンメン)と3系あり、それぞれに、プレーン、チャーシュー,ワンタン,ワンタンメンなどのメニューがある。(夏場冷やし中華あり)位しかメニューは無く、御飯ものはやっておらず、麺もの一点張りのラーメン店ある。

そのラーメンであるが、画像の如く、一見味噌ラーメンか、とんこつラーメンに見えるが、あくまで醤油ラーメンである。初めてホームラン亭に連れて行くと、「来た品物を間違えたのではないか」と必ず言われる。そうはいっても、こちとら幼い時から、「これが醤油ラーメン」と言って育ってきたんだ!(大袈裟な!)誰がなんてったって「これは醤油ラーメンだ!」と主張したい! 本当になにかに付け、ホームラン亭のラーメンを食べていたので、「秘密のケンミンショー」ではないが、ラーメンは、何処に行っても、こういうのが醤油ラーメンだと思っていた。

これが横浜に出て、学生時代を送った時に、ラーメンを食べようと店に入った時には、驚いたね! 何か知らないが、ホンマに「醤油・しょうゆした(!?)ラーメン」が出て来たからね! それ以来、転勤に次ぐ転勤で、全国色々なところに行って、ラーメンを食べたが、終ぞホームラン亭や、浙江亭に似た「醤油ラーメン」にはお目にかかれなかった。

 

人間なんて、どん丈住む環境に影響されているのかと思った。

ホームラン亭は、集客力は抜群である。昼食時間のサラリーマンを中心に、客がどっと店に入ってくるが、開店は11:00であるが、その頃には客がズラッと店の前に、並んで待っている。即ちサラリーマン以外の客も非常に多いという事である。

 

店は用意した麺の数を売り切ってしまえば、店を閉めてしまうので、この店に来るときは、注意が必要だ。夕方からもやっているらしいが、何時もタイミングが合わない時間に通り過ぎるので、営業をしているのを見たことがない。いずれにしても、夜もそんなに長い間店を開けていない様だ。思えば「超効率の良い」ラーメン店だという事になる!

今は須坂に居る方が長いので、週に何回も行ってしまう事も多い。幼いころ慣れ親しんだ味は忘れられないものだ!

 

☝ ショッピングセンターパルムは、昔の勢いはなくなってしまった!

 

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%B3%E4%BA%AD+%E9%A0%88%E5%9D%82&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large

その他画像 Original。