エルサレム首都認定に沈黙! 安倍首相はトランプ様には従うしかないのか!?なぜ抗議しないのか!

 

 

トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの「首都」と認定し、世界中に衝撃が走っている最中!

〇「深刻な懸念」(EUのモゲリーニ外交安全保障上級代表)、

〇「決定は遺憾」(仏のマクロン大統領)、

〇「支持しない」(独のメルケル首相)、

〇「同意できない」(英のメイ首相)

など、首脳らが次々と批判の声を上げている!ひたすらダンマリを決め込んでいるのが我が国の安倍首相だ。

安倍首相は北朝鮮が11月29日に新型ICBMを発射した際、

〇すぐに抗議声明を発表。〈国連安保理決議の完全な履行等を全ての国連加盟国に強く働きかけてまいります〉〈今月(12月)、我が国は安保理議長国に就任し、15日には北朝鮮問題に関する安保理閣僚級会合を主催します。このような行動を通じて、国際社会の取り組みを主導するとともに、我が国独自の措置の実施を徹底してまいります〉などと強気の姿勢を示していた。ところが今回は全く逆だ! ダンマリを決め込んでいる。

 

国連は、1980年の安保理決議(478)で、〈エルサレムの状況を変えるすべての行政的・法的措置は無効〉〈全ての国連加盟国に対し、エルサレムに大使館等外交使節を設置してはならない〉との内容を採択している。

 

言うまでもなく、トランプの首都認定は明確な安保理決議違反だ。北のミサイル発射の時と同様、すぐに「国連安保理決議の完全な履行等を全ての国連加盟国に強く働きかけてまいります」「国際社会の取り組みを主導するとともに、米国に対して我が国独自の措置の実施を徹底してまいります」と発信するべきなのだ。…

 

しかも、日本は安保理議長国である。

 

確か安倍首相の安全保障の基本理念は〈国際協調主義に基づく積極的平和主義〉だったはずだが、米国だけは例外ということをいいたいのか!? 全く一貫性がない!

 

 

米国と一緒に日本がアラブ諸国から総スカンを食らうのは時間の問題。安倍首相が首相である限り、戦争に引きずり込まれる可能性は高まるばかりだ!

 

(自称!)世界の安倍が泣く!

 

 

記事・画像 引用・参考元 Excite News <日刊ゲンダイ>

https://www.excite.co.jp/News/politics_g/20171209/Gendai_430856.html

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0%E9%A6%96%E9%83%BD%E8%AA%8D%E5%AE%9A&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large