慢性的な睡眠不足がアルツハイマー病のリスクを高める! 寝すぎも良くない!「ちょうどいいのがちょうどいい!?」

 

年齢とともに増える物忘れ。その原因は、海馬にある神経細胞が機能低下することにあった。記憶力をキープする為には、何が必要なのか?

 

「米山医院」の米山公啓院長に聞いた。

 

「良質な睡眠を十分に取ることです。慢性的な睡眠不足は、アルツハイマー病のリスクを高めます」

アルツハイマー病の原因は、脳内にアミロイドベータ(通称・脳のゴミ)というタンパク質が異常に凝集し、神経を損傷することとされる。通常、「脳のゴミ」は睡眠中に排出されるが、睡眠時間が短ければ排出しきれず蓄積してしまう。これがアルツハイマー病発症を後押しすると考えられているのだ。

 

「そもそも、記憶は寝ている間に定着するものです。徹夜で勉強するより、勉強した後に睡眠を取る方が、記憶が長く保たれるという研究結果もあります」(米山院長)

 

■「くどうちあき脳神経外科クリニック」の工藤千秋院長の意見はこうだ■

 

「睡眠が足りないと、自律神経が乱れて血圧が高くなりがちです。血圧が高いと脳の血管が収縮しやすく、脳梗塞を発症する危険性が高まります」

睡眠不足が続くと、脳血管性認知症を発症しやすくなるという訳だ。とはいえ、「寝すぎるのもダメ」だと工藤院長が指摘する。

 

「毎日数時間は動かす機械と、1時間しか動かさない機械とでは、後者の方がサビつきます。脳も少ししか動かさなければ、サビついてしまうのです」

 

寝てばかりいると脳の神経細胞が活性化する時間が短く、認知機能が低下しやすいということだ。睡眠時間は6時間から8時間がベストといわれている。長すぎても短すぎても脳には良くないと心得よう。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/220469

画像元 yjimage

(睡眠不足)☟

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E4%B8%8D%E8%B6%B3&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D192%26st%3D6900

(アルツハイマー)☟

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D12%26st%3D0