漸く!自民党内からの異論!・小泉氏「加計問題やっぱりおかしい!」

 

 

森友・加計問題をめぐる安倍政権の対応に自民党内から異論が表面には全く見えてこない」状況が続いている。そんな中、小泉進次郎議員(=筆頭副幹事長)が6日の党内の会議で声を上げた。「やっぱりおかしい」と批判のトーンを強めている。

 

参議院の選挙制度を議論する自民党の会合に出席した小泉衆院議員。いつになく厳しい表情に見える。カメラの退出後、小泉氏は、こう発言した。

 

「森友・加計について、ずっと結論が出せない中、国民を舐めてはいけないと思います」

 

参議院の定数を6増やす案を結論とすることで、党内で議論が進む一方、森友・加計問題ではずっと結論が出せない・・・。小泉氏は、更に踏み込んだ。

 

「加計問題は、やっぱりおかしい。与党の中から声が上がり“委員会を設置してくれ”というのが真の行政監視だ」 実は、父親の小泉純一郎元総理も安倍総理への批判を強めている。

「信頼が一番大事。嘘を言わないこと。嘘を言うと嘘が重なり、周りを巻き込む。(小泉純一郎 元首相)

 

秋に自民党総裁選を控える中、森友・加計問題の影響で信頼が失われ、安倍総理の総裁3選は難しいという見通しを示した。

 

「選挙だから間際まで分からないだろうが、もうかなり信頼が下がっているから、難しいのではないか」(小泉純一郎 元首相)

若手議員らへの影響力が大きい小泉親子から政権に批判的な発言が相次いでいる事態に、党幹部は神経を尖らせている。

 

「進次郎氏が何を言うのかは気になる。最近少し思い上がりが強くなりすぎている」(自民党幹部)☜ 人寄せパンダとして、散々こき使っておきながら、どの口が言う。

一方の野党側は安倍政権への追及を緩めません。

「麻生大臣が未だに大臣の椅子に居座って、まだあのような無責任な答弁を繰り返している。納得も理解もできない」(立憲民主党 福山哲郎 幹事長)

 

立憲民主党など野党は、改めて麻生財務大臣の辞任を求めていく方針を確認した。問題視しているのは、この発言です。

「国税庁長官としての職務に関しましては、きちんと対応して来ていた。適材適所だったと、そう思っております」(麻生太郎 財務相)

 

今月5日、麻生大臣は停職3か月の懲戒処分相当と結論づけた佐川前国税庁長官について、再び「適材適所だった」と重ねて述べた。野党側が証人喚問を求める中で、批判の火に油を注ぐ形となっています。安倍総理は日米首脳会談に向けてアメリカへ出発しましたが、終盤国会は総理不在の間も神経戦が依然、続きそうです。

 

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News<TBS News>

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180606-00000064-jnn-pol

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%B0%8F%E6%B3%89%E9%80%B2%E6%AC%A1%E9%83%8E+%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E9%83%A8%E3%82%92%E6%89%B9%E5%88%A4&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large