おい!おい!おい!エンゲル係数“異常上昇”の仰天! 物価上昇に収入追いつかず!話が違うんじゃね!

 

度肝を抜かれる統計が出た。2016年のエンゲル係数が、29年ぶりの高水準だったという! 31日、総務省は12月の家計調査を発表。消費支出(2人以上の世帯)は31万8488円と実質0.3%減で、10カ月連続のマイナスとなった。ぶったまげた!

 

「消費支出そのものより、同時に公表されたエンゲル係数に驚きました。12月は27.5%に達し、16年平均では25.8%だといいます。1987年以来の水準です」

1987年といえば、国鉄がJRに変わった年だ。中国では、数百人の学生が天安門広場でデモを行った。大韓航空機の爆破事故が起きたのも、この年だった。サラリーマンの平均年収は385万円(2015年は約420万円)。

今回の事態は、「生活水準は、その頃に逆戻りしたということです。野菜など生鮮食品の高騰と、輸入物価の上昇で、エンゲル係数は高まったのだと思う」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 

エンゲル係数は14年以降、急速に高まった。それまでは23%台で推移してきたが、15年に25.0%を超えた。「脱デフレの後遺症が、エンゲル係数の上昇に表れています。政府・日銀の円安誘導策によって、14年から円安傾向が顕著になり、輸入品を中心に値上がりが続きました。一方、サラリーマンの収入はそれほど増加しなかった。物価上昇に収入が追いついていないのが現状です」

 

いろいろ取りざたされているが、アベノミクスは庶民生活を豊かになどしていない。それを裏付けるようなエンゲル係数の上昇だ。

 

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198651