【神社仏閣めぐり】善光寺 お数珠頂戴 善男善女本堂前に跪く!

 

善光寺は毎朝お朝事と言って、朝のお勤めをしているが、大本願、大勧進のお貫主様、お上人様が、本堂にお上がり、お下りされる際、お二人によって、本堂前の石畳に膝まずいた参拝者の頭に、お数珠を戴く。これを「お数珠頂戴」と称される古来よりの風習である。善光寺如来さまの身近にお仕えなされるご住職のお数珠を戴くことにより、如来様との仏縁を与えられ、御仏の救いにあずかれるとともに、これからの人生を無病息災で過ごせると伝わる。
長野まち歩き研究会編 「善光寺と長野を歩く」から 引用

動画 original